塗料の種類|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

塗料の種類

2016年6月26日

皆さんは、外壁の塗装をする際、どういた塗料が良いのか迷ったことはありませんか。

ここでは、そういった外壁の塗料について紹介していきます。
 
外壁の塗料は大きく分けて6種類あります。

アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素塗料、遮熱塗料、光触媒塗料です。

では、これらの塗料の特徴とは何なのでしょうか。

 

 

1つ目は、アクリル系塗料です。

この塗料は、こまめに塗り替えたい、安く済ませたい場合に適しています。

しかし、価格が安い分、耐久性が低くなっています。また、こまめな手入れが必要になってきます。

 
2つ目は、ウレタン系塗料です。

この塗料は、あまり費用をかけたくない、塗料のはがれが気になる箇所がある場合に適しています。

この塗料の大きな特徴が高い密着性なので、剥離の気になる箇所に使用されます。
 

3つ目は、シリコン系塗料です。

この塗料が現在最も主流になっている塗料です。

特徴として、価格と耐久性のバランスが良いので、費用対効果の高い塗料を選びたい場合に適しているものでしょう。
 

4つ目は、フッ素系塗料です。

足場が必要になる大きな家に住んでいる場合や、長い目で見て安い塗料を探しているのであれば、この塗料がオススメです。

塗料自体は値段が張るものですが、耐用年数が長いため、長期的に考えると一年あたりの費用が少なくなる傾向があります。

 
5つ目は、遮熱塗料です。

この塗料は、太陽熱をはじき、外壁の表面温度を下げる効果があります。

そのため、室内の温度も下げることができ、光熱費を安くしたり、省エネにも繋がります。

 
6つ目は、光触媒塗料です。

この塗料は、太陽光で汚れを浮かせ、雨で洗い流すことのできる塗料です。

そのため、汚れが付きにくい、遮熱効果が期待できます。

しかし、この塗料は、認定施工店でなければ取扱いができず、また高額になってる点に注意が必要です。

 
外壁を塗装する際には、既存の下地や、外壁の状態などによって、使う塗料を決めていきます。

外壁塗装を考えているのであれば、一度業者に相談してみてください。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

塗料の種類

2016年6月26日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。