光触媒塗料のデメリット|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

光触媒塗料のデメリット

2016年9月4日

光触媒塗料は紫外線によって汚れを分解し、雨によって汚れを流す、つまり、自動的に壁のメンテナンスを行ってくれる塗料として注目を集めています。
そのメリットは、前述のように非常に大きいと言えるのですが、もちろんデメリットも存在しており、利用の際には、そのことを忘れてはいけません。

 

 

まず、光触媒塗料のデメリットとして挙げられるのが、原価が高いということです。
これは、光触媒塗料が非常に新しい技術であり、まだ世間に浸透していないことが原因として挙げられます。
また、そのために光触媒塗料を取り扱っている業者も少なく、光触媒塗料を利用したい場合は、まずそれを扱っている業者を探すところから始めなくてはなりません。

 

 

さらに、業者を探すこと自体は、インターネットを使えば簡単にできるのですが、今度は、光触媒塗料を取り扱っている業者が近くにあるかどうかということも問題になります。
特に地方の場合は、近くに業者がいないため、施工が行えないということもあり得ます。
また、光触媒塗料を取り扱っている業者がいたとしても、その数が少ない場合、その業者が倒産した後のメンテナンスのことも問題となります。

 

 

一方、光触媒塗料そのもののデメリットとして挙げられるのが、日光が当たらない所はあまり意味がないということです。
これは、光触媒塗料が紫外線を受けて作用するものであるため、仕方がないことと言えるでしょう。
また、これと連動して、雨水の当たりにくいところでも、汚れを洗い流せなくなるため、その効果は低くなります。

 

 

しかし、光触媒塗料に対しては、日光のあたる部分だけの施工もできるため、日光のあたる場所では光触媒塗料を塗り、そうでない場合は、他の塗料を塗布するなどの塗り分けもできます。
そうすれば、前述のように原価が高いという問題点をある程度解決することができますし、光触媒塗料が無駄になりません。
ただし、周辺の住宅事情が変われば、光触媒塗料を活用できる状況も変わってくるという点には注意が必要となります。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。