作業効率の良い足場とは?外壁塗装の足場の種類について|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 作業効率の良い足場とは?外壁塗装の足場の種類について

ブログ

作業効率の良い足場とは?外壁塗装の足場の種類について

2017年7月24日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁塗装工事を進めるにあたって必ず必要になるのが、足場の設置です。一見足場はなくても塗装くらいできるのではないか?と思ってしまいがちですが、安全に丁寧に作業するためには必須の工程となっています。外壁塗装工事を進めるにあたって必ず必要になるのが、足場の設置です。一見足場はなくても塗装くらいできるのではないか?と思ってしまいがちですが、安全に丁寧に作業するためには必須の工程となっています。足場というと工事現場を思い浮かべる方も多いと思いますが、厳密に言うと足場にも種類があるのです。今回は足場の種類についてご紹介していきたいと思います。

 
~足場の種類~外壁塗装で採用されている足場には主に3つの種類があります。

 

・単管足場単管足場は2本のパイプを組み合わせて作る足場のことで、立つ場所がパイプの上の部分だけになるので、バランスを取りづらく安全面でもあまり良いとは言えません。現在はあまり利用されていませんが、種類の1つとして紹介しておきますね。

 

・単管ブラケット足場単管ブラケット足場は単管足場にブラケットという金属の板を付けた足場のことで、パイプだけでなく足を乗せる板があるのでバランスは単管足場に比べて取りやすいです。ただし、こちらも揺れが発生するので次に紹介するクサビ足場に比べ安全な足場とは言えません。

 

・クサビ足場クサビ足場は前にあげた2つの足場よりも安定して作業ができる足場となっています。足場が広く、揺れも少ないことから落ちる心配をせず職人が作業でき、塗装に必要な道具を置くことも可能なので作業効率化が優れているのです。ただ、足場を設置する際、固定するためにどうしても大きな音が出てしまうので、事前に近隣住民の方へ断っておくなど、配慮が必要となっています。

 

足場の種類について、お分かりいただけましたか?多くの外壁塗装業者は足場設置を専門の業者に依頼しているため、外注費用が高くなり20万円ほどかかると言われています。楽塗では足場を組み立てる国家資格を持った職人が在籍しているので、足場も自社で設置することができるのです。それにより、塗装の作業がしやすい足場をつくれるだけでなく、価格も一般的な外注足場設置の半額以下で設置することができます。これから外壁塗装をお考えの方は是非一度楽塗にご相談くださいね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。