サイディングとは?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

サイディングとは?

2017年2月25日

墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です。

 

近年、戸建住宅の外壁材として日本で一番使われている外壁材の工業製品をサイディングといいます。
サイディングメーカーが製造する板状の外壁材で、各メーカーが工場で生産したものを工事店が実際に施行することで初めて外壁材として機能するのです。

 

​一昔前の日本では、モルタル壁が主流でした。
​モルタル壁とはラスという網状の金物のどの上からモルタルを塗り、その上からさらに塗装して仕上げるものが一般的です。
モルタルとは、水、砂、そしてセメントを調合することでできます。

 

​しかし、サイディングが普及するにつれてモルタル壁の割合は減少していきました。
​なぜならばサイディングはデザイン性・施工性に優れていたからです。
​先ほども少し述べたようにメーカーで生産できるため、品質が均一で、かつタイルよりも低価格だということも普及の理由と言えるでしょう。
その割合はなんと、2009年時点で日本の戸建新築住宅の外壁の約70%を占めています。

 

窯業、金属、木製、樹脂のサイディングがあり、それぞれ異なる特性を持っているのです。
サイディングの形状や寸法は材料によってさまざまですが、窯業系でもっとも多いサイズは幅が1.5尺(455mm)で長さが10尺(3030mm)の大きさが主流です。
​材料と材料を接合している部分において、長辺は防水機能がついたさね形状になっており、短辺は防水処理を施すのが一般的となっています。

 

​また、金属系や木製、樹脂系の材料はメーカーごとで形状に大きな差が生じるため、主流のサイズはありません。
その厚みは12mmから最大では35mmくらいの材料があります。
窯業で35mmの厚みがあると、本物の石のような風合いが生まれます。
石積み風のほかにも、タイル風、板張り風など一見本物のような風合いの外壁材であるということも、サイディングの魅力です。

 

現在ではもっとも高い割合を占めているサイディング。
外壁塗装のさいには、ぜひ検討してみてください。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。
*********************************

是非、墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

サイディングとは?

2017年2月25日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。