どの防水工事がお安く済むの?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

どの防水工事がお安く済むの?

2017年2月3日

外壁や屋根は、通常なんらかの防水措置が施されています。
外壁や屋根の材料によってはそのままでもある程度の防水を見込めますが、やはり完全とは言えません。
防水の最後の砦として、きちんとアスファルトルーフィングなどの防水工事を行う必要があります。

 

アスファルトルーフィングは規格が決まっており、多くの場合非常に安価できちんとした効果を発揮するコストパフォーマンスに優れた素材です。
勾配屋根の場合はアスファルトルーフィングを用いれば十分な防水効果を得ることができます。
雨水などが染み込まずそのまま流し落としてくれるからです。

 

一方で、屋根が平らな陸屋根やバルコニーでは水が流れ落ちず溜まってしまうので、これとは別の防水工事を施さなければなりません。
平らな屋根に用いる防水工事法でポピュラーなものとしては、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水などがあります。

 

塗膜防水は外部階段や外部廊下の床などに用いられ、施工が簡単で、価格が安いため、需要の多い防水材料です。
また塗料の選択肢も非常に多く、液状ですので複雑な形状の屋根にも対応することができます。

 

シート防水は何層もの防水材を重ねてつくられたシートにより防水を施します。
価格もそれほど高くなく非常に手頃です。ただし、経年の劣化によって傷んだ箇所は鳥や飛来物などによる物理的な損傷には少し弱い傾向があります。
劣化した場合にも張りかえることにより元の防水性を取り戻せることから、マンションや事務所ビルなどの民間建築に多く用いられています。

 

アスファルト防水は高温で溶かされたアスファルトを流し込む防水で、耐久性があります。
屋上に庭園やバルコニーを設置するなど、人が踏み入る場合などによく使われることが多いですね。
価格も工事が大掛かりになることから上記の二つよりは高くなってしまいます。​

 

防水工事にかかる費用は、主に工事にかかる工事費と材料費から考えることができます。
上記に挙げた防水工事法でも、施工が簡単なシート防水が安くなったり、塗料によっては塗膜防水が高額になったりと、結局はご自宅の環境やどれくらいの効果を期待するかによって変わってくると言えるでしょう。

 

また、1回の工事で払う金額よりも今後どれくらいの期間その効果が維持するか、自分の住んでいる場所の環境に適した工事法かということに注意を払い、「長く使える」ことを意識すると将来的な費用を抑えることにも繋がります。

 

安い工事を頻繁に行うよりは、一時的な負担はあっても長く保つ防水工事を選ぶこともご検討されてみてはいかがでしょうか。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。