外壁塗装でサイディング?サイディング壁のメリット・デメリットについて!|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 外壁塗装でサイディング?サイディング壁のメリット・デメリットについて!

ブログ

外壁塗装でサイディング?サイディング壁のメリット・デメリットについて!

2017年11月30日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

サイディング壁をご存知の方はいらっしゃいますか?サイディング壁とは、板状の外装材で、建物の骨格に合わせて貼り付けるものです。窯業系、金属系、木質系、樹脂系の種類があります。簡単に施工できるため、人気のある外壁塗装方法の一種です。今回は、サイディング壁のメリット・デメリットをご紹介します。

 

■サイディング壁のメリット
サイディングボードを用いて塗装されるサイディング壁は、壁の機材部分にボードを貼り付ける手法で行われるため、塗装工事にかかる時間が短いのが特徴です。
また、工場生産のため熟練の職人でなくても簡単に施工作業が行え、決まった柄からデザインを選択するので出来上がりがイメージと異なることがあまりなく、品質が安定しています。デザインには、タイル調、石貼り調、木目調など素材の種類も多種多様です。そして、耐火性、耐久性に優れています。

■サイディング壁のデメリット
サイディング壁のデメリットは、メンテナンス費用が高く付くことです。サイディング壁は、サイディングボードを始め、ボードとボードの間を埋めるコーキング材や塗装に使われる塗料など使われている素材の種類がたくさんあります。そのため、定期的にメンテナンスを行う際には、素材の劣化にそれぞれ対処しなければならず、費用が高額になってしまうケースがあります。また、サイディングボードは既存のデザインから選択するため劣化したボードの取り換えの際には同じものが廃版になっていることもあります。この場合は、すべてのサイディングボードを張り替えなければならないため、費用も跳ね上がります。

いかがでしたか。サイディング壁は既存の外装材を貼り付けるだけのため、施工が完了するまで時間がかかりません。また、仕上がりについて心配する必要がないため、あまり時間が割けない方におすすめです。その代わり、メンテナンス費用が高いのが欠点です。次回は、サイディング壁とよく比較されるモルタル壁についてご紹介します。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。