価格は少し割高!?しかし、コスパは非常に優れている「ラジカル塗料」 より耐候性を高める方法|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 価格は少し割高!?しかし、コスパは非常に優れている「ラジカル塗料」 より耐候性を高める方法

ブログ

価格は少し割高!?しかし、コスパは非常に優れている「ラジカル塗料」 より耐候性を高める方法

2017年11月19日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

前回は、ラジカル塗料のカギである「ラジカル制御型酸化チタン」についてお話しました。酸化チタンの表層に発生してしまったラジカルを閉じ込めてしまうバリアー層を持つラジカル制御型酸化チタンは、そのバリアー層のおかげで、樹脂や顔料の有機物にダメージを与えないので、耐候性を延ばすことができます。

 

そのため、結果的にラジカル塗料は、他の塗料に比べて耐候性が高い塗料になることができたのです。
そんなラジカル制御型塗料ですが、さらに、耐候性を高める方法があるのはご存知でしょうか。

 

・ラジカル制御型シリコン塗料とシリコン塗料の違いは、顔料

前々回のまとめからお話します。
まず、ラジカル塗料制御型塗料は、何らかの樹脂、ラジカル制御型酸化チタン、そして、水・添加剤によって構成されています。
また、樹脂をシリコン樹脂にした場合は、シリコン樹脂、ラジカル制御型酸化チタン、そして水・添加剤で作られます。

 

そして、シリコン塗料との違いは、顔料が「ラジカル制御型酸化チタン」か「従来の酸化チタン」なのかです。つまり、顔料の違いが、耐候性の違いを生み出しているということになります。

 

・さらに、耐候性を高めたいのであれば、「樹脂」を変える

実は、さらに、耐候性を高める方法があります。それは、樹脂を変えるということです。
式で表すと、ラジカル制御型塗料は、「ラジカル制御型塗料=樹脂+ラジカル制御型酸化チタン+水・添加剤」です。
つまり、耐候性の高い樹脂を使うと、ラジカル制御型塗料の耐候性も高くなるということが言えます。

 

一般的には、耐候性の高い順に樹脂を並べると以下の通りになります。

無機、無機フッ素、フッ素、シリコン、ウレタン、そして、アクリルです。

アクリル<ウレタン<シリコンの関係は知っている方は多いと思います。

 

そのため、例えば、ジカル制御型シリコン塗料は、ラジカル制御型ウレタン塗料よりも耐候性は高いし、もっと耐候性を高めたいのであれば、ラジカル制御型フッ素塗料やラジカル制御型無機フッ素塗料を選ぶとよいでしょう。

 

いかがでしょうか。

塗料の耐候性を決めるのは、塗料を構成している「樹脂」と「顔料」です。良い樹脂と顔料を使用すれば、価格は少し割高になりますが、その分耐候性は高くなります。

また、将来を考えると、コストパフォーマンスが高くなる、耐候性の高い塗料を使うほうがお得なのです。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。