外壁塗装の時期としては不向き!? 冬の塗装工事を避けるべき理由とは!?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 外壁塗装の時期としては不向き!? 冬の塗装工事を避けるべき理由とは!?

ブログ

外壁塗装の時期としては不向き!? 冬の塗装工事を避けるべき理由とは!?

2017年10月29日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

「冬の外壁塗装は避けるべきってよく聞くけど」
「なぜ、冬は塗装工事に不向きな季節なのか知りたい」
など、外壁塗装を検討していて、なぜ冬に塗装工事をしない方がよいのかを知りたい方は多くいらっしゃいます。

 

一般的には、冬の季節は、塗装工事に好ましくないと言われています。

一方で、春や秋は外壁塗装に好ましい季節だとされていますが、両者の違いは一体何なのでしょうか。

いったいなぜ、冬に外壁塗装は避けるべきなのでしょうか。
そこで、今回は、冬の塗装工事が好ましくない理由についてお話します。

 

・施工ができなくなる→工期が延びてしまう

実は、冬の塗装工事はあまりメリットが見られません。

一方で、冬は塗装工事をする上で、いくつかのデメリットが存在します。

施工がなかなかできない気候になりやすい
施工がしにくいため、工期が延びてしまう
年末年始は、工事がストップしてしまう

 

気温が5℃を下回って、施工ができなくなります。また、結露や霜などが発生しやすいので、工事が中止になり、工期が延びてしまうということもあるのです。

さらには、年末年始に入ると、塗装業者はお休みになるので、工事がストップしてしまいます。

 

・冬は塗装工事に好ましくない条件を満たしてしまう季節!!

実は、塗装工事をしてはいけない気候条件があります。具体的には、以下の通りです。

気温が5℃以下
湿度が85%以上
雨や雪が降っている
外壁面が結露している
霜が降りている

 

冬の気候は、この条件になりやすいので、この季節は塗装工事に不向きだとよく言われるのです。
また、塗装工事に好ましい気候条件というものもあります。

それは、「気温が15~30℃、湿度75%以下」です。

この条件を満たせば、工事はスムーズに進みます。

しかし、冬はこの条件を満たしにくい季節なのです。

一方で、春、夏、そして、秋などは、塗装工事に好ましい季節と言われます。

 

いかがでしょうか。

本来、塗装工事は年中可能ですが、冬の外壁塗装は、塗装工事に好ましくない条件を満たしてしまうので避けたほうが良いでしょう。

春や秋に塗装工事を行ったほうが、スムーズに進みます。今回の記事が参考になれば幸いです。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。