楽塗が使う塗料をご紹介します!―ジーニスコートEX 300の防水性―|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 楽塗が使う塗料をご紹介します!―ジーニスコートEX 300の防水性―

ブログ

楽塗が使う塗料をご紹介します!―ジーニスコートEX 300の防水性―

2017年8月4日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

塗料選びにおいて大切なことは何だと思いますか?
もちろん外壁塗装をすると家の外観が大きく変わるので、「色」や「艶感」なども重要な要素の1つですが、目には見えない塗料の機能も長期的な視点で見ると外観を決める重要な要素なのです。
以前のブログではジーニスコートEX 300の耐候性、遮熱性の高さについてご紹介しましたが、ジーニスコートEX 300は防水性にも優れている塗料となっています。
そこで今回はジーニスコートEX 300が高い防水性を持つ理由、防水性のある塗料のメリットについてご紹介していきます。

 

~ジーニスコートEX 300の防水性~
ジーニスコートEX 300が高い防水性のある塗料となっている一番の理由は、膜厚に対して高い伸縮率があるからなのです。この伸縮率の高さにより、建物の動きやひび割れに塗膜が対応することができ、水が浸入するクラック(ひび割れ)を作りません。

 

一般的に建物の防水機能が失われる原因は2つあります。1つ目が塗膜全体の劣化により、塗料に水が染みてしまう場合。そして2つ目がクラックによってひび割れの部分から水が侵入してしまう場合です。
この2つ目の原因は劣化だけでなく、地震などの災害でも起こりうるものなので、良い塗料を使っても伸縮率が低いとクラックも起きてしまう可能性があります。
ジーニスコートEX 300は一般的な弾性塗料よりも長い間伸縮率を維持することができるので、建物内部への水の侵入を防ぐ期間も長くなるのです。

 

また、ジーニスコートEX 300には高い防水性がありながら湿気は通すという機能も兼ね備えています。一般的に防水性の高い塗料のデメリットとしてあげられるのが、湿気を通さないということがあげられますが、ジーニスコートEX 300には塗膜の表面から湿気を逃がす機能があることで、建物の内部に湿気をこもらせないのです。

 

ジーニスコートEX 300の防水性についてお分かりいただけたでしょうか?
表面の水をはじく機能だけでなく、クラックを作らせにくいことも防水性の高さに関係してくるのです。
外壁塗装をお考えの方は参考にしてみてくださいね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。