外壁塗装の必要性を徹底調査 Part2|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 外壁塗装の必要性を徹底調査 Part2

ブログ

外壁塗装の必要性を徹底調査 Part2

2017年8月22日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

前回は、外壁塗装の必要性について、「外壁って、放っておいたらどうなるの?」というテーマでお話ししました。おさらいすると、外壁を長期間放っておくと、壁の防水効果が落ちる、壁にひび割れが生じる、ということでした。また、それによって水分が壁に侵入してくることが重大な問題でした。前回は、外壁塗装の必要性について、「外壁って、放っておいたらどうなるの?」というテーマでお話ししました。

 

おさらいすると、外壁を長期間放っておくと、壁の防水効果が落ちる、壁にひび割れが生じる、ということでした。また、それによって水分が壁に侵入してくることが重大な問題でした。そこで今回は、「外壁に水が入って来ると、どうなるの?」というテーマを2回に分けてお話しします!

 

まずは、「腐食」の話からしていきます。外壁に水が浸入すると、材料の鉄骨や木材が腐食されます。腐食というのは、金属が錆びたり、木材が腐ってしまったりすることです。厄介なことは、外壁が腐食されると、壁にどんどん隙間が空いていくということです。水分が浸入してくることによって、外壁の材料が腐食される。腐食によって、壁に隙間ができる。これが、これから紹介する外壁被害の一番の元凶です。
ここからは、実際に起こる被害について、全部で4つ紹介していきます!今回の記事では、そのうち2つについてお話しします。

 

・外壁の耐熱性が下がる
壁が腐食されると隙間ができますので、外気が部屋の中に入ってきてしまいます。それによって、冷房や暖房が効きにくくなってしまい、光熱費が上がってしまうことがあります。

 

・シロアリが発生する
シロアリは、湿気を多く含む木材を好みます。外壁の隙間から水分が入って来ると、シロアリにとっては絶好の環境です。シロアリが住み着いてしまった家がどうなるのかは、みなさんがご存知の通りです。

 

今回は、「外壁に水が入って来ると、どうなるの?」というテーマについて、実際の被害を2つ紹介しました。外壁を放置することによって水分が浸入し、その水分によって壁が腐食されることが原因であることを覚えておいてください!
次回は、4つの被害のうち、残りの2つについて紹介していきます!

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。