外壁塗装の失敗しない色選びのポイントpart3|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 外壁塗装の失敗しない色選びのポイントpart3

ブログ

外壁塗装の失敗しない色選びのポイントpart3

2017年8月17日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

「せっかく外壁を塗り替えるのなら一度奇抜な色に挑戦してみたいな!」外壁塗装をお考えの方には、派手な色に挑戦したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。「せっかく外壁を塗り替えるのなら一度奇抜な色に挑戦してみたいな!」外壁塗装をお考えの方には、派手な色に挑戦したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん個性的な外観はお友達を家に呼ぶときにも家の特徴を伝えやすいですし、塗装後すぐは綺麗で良いのですが、塗装後数年経つと色味が落ちてくるのが顕著に現れたり、よく見ると周囲の住宅の雰囲気から浮きすぎていて恥ずかしくなってしまうということも少なくありません。外壁のそのものの色も重要ですが、意外と盲点なのが付帯部の塗装の色についてです。付帯部も外壁の一部ですので、慎重に色を選んでいきましょう。今回のブログは特に外壁塗装を行う際の付帯部の色のポイントについてお話していきますね。

 

■雨どい雨どいは外観のアクセントにも使えますが、やはり外壁と同じ色にしておく方が無難です。ただし、外壁が白色の場合雨どいも白色を塗ってしまうと汚れや劣化が目立ちやすくなってしまうので、クリーム系よりの白色を選ぶことがおすすめです。

 

■軒下屋根の下側部分、軒下は基本的に影になっている部分なので、白色か外壁よりも薄めの色にしておくとよいでしょう。他の部分より少し暗く見えることを見越して薄めの色を選ぶと屋根全体を立体感のあるように見えさせることができます。

 

■ひさし、雨戸ひさしも屋根と色を揃えると統一感があって家全体のまとまり感が生まれます。また、雨戸についてはサッシと同じ色に統一することで、こちらもまとまりの良い印象を与えることができるのです。

 

■破風板、鼻隠し破風板、鼻隠しについても一般的には屋根の色に合わせることが多いです。屋根周りにアクセントカラーを入れたい場合は違う色を入れてみるのもよいでしょう。

付帯部塗装の色遣いについてお分かりいただけたでしょうか?やはり基本的には屋根の色と同系色の色を選ぶことが付帯部塗装の色選びのポイントとなりますが、アクセントカラーとして付帯部に屋根とは違う色を入れてみるのも個性的な外観にしたいという方にはおすすめです。外壁塗装をお考えの方はぜひ一度楽塗にご相談くださいね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。