防水工事にも種類がある? -ゴムシート防水のデメリット-|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 防水工事にも種類がある? -ゴムシート防水のデメリット-

ブログ

防水工事にも種類がある? -ゴムシート防水のデメリット-

2017年5月28日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

前回、前々回とゴムシート防水についての記事を書いてきましたが、今回が最後になります。前回の記事ではゴムシート防水のメリットについてお伝えしました。メリットとしては、施工期間が短く低コストなので応急処置やちょっとした防水工事に最適な事をわかっていただけたと思います。

今回は、ゴムシート防水のデメリットについてです。

 

・複雑な下地には使用できない
ゴムシート防水の施工では、一枚のシートを下地に貼り付けていくので下地が凸凹であったらうまく貼り付けることができないため使用することができません。ウレタン防水のように下地の上にウレタンを塗っていくわけではないので、施工の際は平らな下地が必要となります。

 

・シート自体が薄い
ゴムシート防水は、防水性は高いのですが、シート自体が薄いため紫外線や衝撃、鳥害といった外的要因による刺激に弱いのが特長です。

 

・角や隅の施工が難しい
施工時はシートを下地に貼り付けていくので端っこや角の施工が困難です。上手に貼り付けていかないと隅っこから剥がれていってしまい、そこから水の侵入を許してしまう結果となってしまいます。

 

・シート間が劣化しやすい
施工時はいくつかのシートを接着剤で重ね合わせていきます。重ね合わせの際には接合部の防水性を高めるためにブチルテープというテープを使用するのですが、10年後には剥がれてきてしまいます。一度剥がれてしまうと一気に防水性が落ちてしまうので注意が必要です。

 

いかがでしたか。
ゴムシート防水のデメリットを理解していただけたと思います。
もしゴムシート防水の使用をお考えの方はこれまでのゴムシート防水に関する記事に加え、他の媒体を利用して十分に知識をつけてから使用されることをおすすめします。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。