防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水の特徴〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水の特徴〜

ブログ

防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水の特徴〜

2017年5月29日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

雨漏りなどの浸水を防ぐためには、家の中で水が溜まりやすいポイントに防水工事を施すことで水の排水力を与えることが大事になります。
その防水工事はいくつか種類があるのですが、その中でも利用率が高いのがウレタン防水と呼ばれるものです。
ウレタン防水は天然素材のゴム製品の一つウレタンを利用する方法で、ウレタン防水が主流になっているのにはいくつかメリットがあるからです。

 

一つ目のメリットは簡単で確実に施工できることです。
ウレタン防水をするときには、ウレタンを一度高熱を利用して液状化した後に機密性の高い缶に入れて施工する場所に持ち運んで流し込みます。

 

この液状のウレタンを利用することによって、水が溜まりやすいポイントに防水工事を施す際にネックになるのが、下地の形状です。
下地の形状は家の形や周辺の土地の環境だけでなくエアコンの室外機など邪魔になるものは意外に多いものです。そこでウレタンを液状にして運んで流すことによって、そういった家の形や土地の環境そして障害物を気にせずに使用できるので下地の形状になじみやすいのです。

 

そして二つ目のメリットは水密性が高い連続被膜が得られることです。
水は液体であり透過性があり、水は少しの傾斜だけでも広範囲に広がっていき、さらに少しの隙間があってもその場所に浸水してしまいます。

それを防ぐためには継ぎ目のない土台が必要になります。

 

ウレタン防水の場合、先に言ったとおりに一度高熱を利用して液状化した後に機密性の高い缶に入れて施工する場所に持ち運んで流し込みます。この方法を取ることによって、しっかりと流したウレタンを薄く満遍なく広げることに成功すれば、ウレタンは空気に触れて固まるので、継ぎ目のない水密性が高い連続被膜が得られることになります。

 

いかがでしたか?
ウレタン防水自体は簡単で誰でも施工できますが、慣れていない人間が行うとウレタンの乾きの早さから、均等に塗るという工程が意外にも難しいのです。均等に塗る工程を失敗してしまうと膨張やひび割れを起こしてしまうので、広範囲に利用するときには専門家に依頼するのが良いでしょう。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。