外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜シリコンのデメリット〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜シリコンのデメリット〜

ブログ

外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜シリコンのデメリット〜

2017年5月15日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁塗装に利用されるシリコン塗料には、汚れが付着しにくい、また経年劣化が発生しにくく耐用年数も長いと言うメリットがあります。
しかしその反対にデメリットもあります。今回はそのシリコン塗料のデメリットについて紹介します。

 

1つめに、種類が多いと言う点です。
種類が多いと言うことは、その種類によって特徴があると言うことです。
たとえば耐用年数に関しても、水性のシリコンの場合は10年程度ですが、油性のシリコンの場合は12〜15年にまで長くなります。
そのため、種類ごとの特徴を知っておかないと、不利益を被ってしまう可能性もあるのです。

 

2つめとして、ひび割れなどが起こりやすいという点です。
これはシリコン塗料は塗膜が硬く、撥水性に優れているためです。
そのために汚れが付着しにくいということはメリットと言えるのですが、塗膜が硬いと言うことは、建物の動きに対しても柔軟性を発揮することができないということです。

 

そのため、たとえば地震や強風などにより建物に大きな動きが加わると、それに対応しきれず塗装にひび割れが発生することが考えられます。
またそのようなことがなかった場合でも、10年程度の時間が経過すると、経年劣化のひとつとしてひび割れが出やすくなります。
そして塗膜が硬いので塗料に付きにくいという点も懸念点としてあげられます。

 

最後に、撥水性が高いと言うのも、このデメリットになります。
そのため重ね塗りには向いておらず、仮に重ね塗りをしたとしても、密着性が低いので仕上がりに不備が出てしまう可能性もあります。
このような事態を防ぐためには、種類に応じたシリコン塗料の特性を知り、理解している業者に重ね塗りなどを依頼することが望ましいです。

 

またこれ以外にも、粘性が高く扱いにくいのでDIYには不向きであり、かつ塗装する人の技術力に仕上がりが左右されやすいと言うのもデメリットとして挙げられます。一口にシリコン塗料と言っても、含まれているシリコン含有量は千差万別です。当然、その含有率が低い塗料は品質は劣るので、その辺りに対する注意も必要です。
シリコン塗料の利用をご検討の方は、これらに気をつけていただきたいと思います。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。