雨樋塗装って本当に必要なの?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 雨樋塗装って本当に必要なの?

ブログ

雨樋塗装って本当に必要なの?

2017年2月14日

四季がある日本では、時期によっては雨天の日が続くと言うことは珍しくありません。
また近年ではゲリラ豪雨と呼ばれるような、突発的に短時間で多くの量の雨が降ることもあります。
よって日本の住宅における雨への備えと言うものも万全であることが多く、雨樋もその一つです。

 

その最大の役割は、雨水を一箇所に排水して外壁を雨水による劣化から守ると言う役割です。
雨桶がなければ屋根に降り注いだ雨水は外壁伝いに垂れ流し、排水の弱い部分に水が溜まり様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

 

この雨樋にも塗装が必要かどうかと言うことについては意見が分かれているところです。

しかし、結論から言うと塗装を行うメリットはあります。
その理由として、雨樋もまた経年により劣化する物であり、それを少しでも遅らせるため、あるいはそのダメージを少しでも軽減させるためには、外壁などと同じように塗装をしておくことが有効であるためです。

 

また塗装をしておくと、劣化の発生がわかりやすいと言うのも理由の一つに挙げられます。
知らず知らずの内に劣化していると、雨水が外壁を濡らし、そこから建物内に侵入して建物の劣化につながるかもしれません。
しかし、塗装をしておくと、劣化が始まったころにはそれが剥がれてきます。
つまり、劣化が始まったと言うことが目で確認できると言うことです。
すると早急に対策をとることができ、建物に対するダメージを最小限に留めることが可能となります。

 

続いて外観の問題です。
雨樋は建物の外に設置するため、人目に触れることも多く、剥き出しの雨桶言うのは、見た目としてはあまりいいものではないかもしれませんね。
建物全体の受ける印象も大きく変わってしまうことも考えられます。

 

雨桶は通常錆びにくい素材で出来ていますが塗装を行うことでそれらの進行を大幅に遅らせることも可能です。

雨桶の塗装を行う必要性は低いですが、外観にこだわりたい方にとっては外せないポイントの一つではないでしょうか。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。