ウレタン系塗料って|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

ウレタン系塗料って

2016年11月9日

外壁塗装は家の印象を決めるものできれいに保ちたいものです。
この記事をご覧になっている方は外壁の塗り替えを考えている方も多いのではないでしょうか。
外壁の塗料にはいくつかの種類があります。それぞれの特徴を知って、ご自身の家にあった塗装を選びましょう。
今回はウレタン系の塗料について紹介します。

ウレタン系塗料、ウレタン樹脂塗料とはウレタン系合成樹脂を主成分とする塗料の総称です。
ただし、どのような塗料であっても部材であってもメリットもあればデメリットも当然あります。
よく比較される塗料では、アクリル系塗料とシリコン系塗料があります。
では、その二種類の塗料も含めて良い所や劣る所を比べてみましょう。

まず、ウレタン系塗料は価格・耐久性・機能性のバランスが最も良いとも言われていたので一時期は塗料と言えばウレタン塗料というほど多くの用途に用いられてきました。
その上、適切な下地との組み合わせで細部の塗装にも適しているため、現在でも木質や塩ビ製雨樋などの細かな箇所の塗装にはウレタン塗料が使用されることが多いです。

しかし、耐用年数ではどうでしょうか。
ウレタン塗料の耐用年数は10年弱であることが一般的ですが、これはアクリル塗料よりは優れているもののシリコン塗料と比べるとどうしても短くなってしまいます。
他にも、汚れに弱い部分があったり紫外線に対しての耐性が劣ってしまっている点もあります。
そして、光沢は長続きするけれども反面変色しやすい、というデメリットもウレタン系塗料にはあります。
ウレタン系塗料は、このようにメリットもデメリットもありますので、そのような特性を良く理解し利用する塗料を決めていくべきですし、決定する際には工事の専門家の意見もよく聞いて決めた方が間違いは少なくなります。
硬化剤の使い方でウレタン系塗料の性能は大きく変わるのですが昨今は作業効率も考え硬化剤を1に対し塗料を10の割合で使うケースが多くなっています。
確かに、防汚性や紫外線への抵抗力が弱いのですが、人と同様塗料も適材適所、上手に使い分けましょう。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

ウレタン系塗料って

2016年11月9日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。