外壁の変色を防ぐためには?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁の変色を防ぐためには?

2016年7月18日

どれだけ価格の高いリフォーム業者を利用したとしても、外壁塗装は一定の期間が過ぎると必ず劣化してしまうものです。

 

 

住宅の野外の部分には雨風や紫外線によるダメージが蓄積するため、住人が外壁の状態に気を配った生活を送ったとしても、15年から20年に一度は外壁塗装の塗りなおしがどうしても必要となってしまいます。

 

 

この15年から20年というのは、雨風に強く防腐効果が施されている外壁塗装用の塗料の、塗膜が劣化してしまう時期だと捉えておいてください。

 

 

つまり外壁の変色を防ぎたいなら、時期を見計らって最も効果的だとされている外壁の再塗装が必要なのだとイメージしておけば分かりやすいでしょう。

 

 

同じ色の塗料を上塗りするだけで、住宅が本来持っている外壁の変色を防ぐことが可能ですし、木造住宅の場合外壁の腐食を防止する効果も見込めます。

 

 

どのような木材にも使えるような、ホームセンターで販売されている一般塗料ではなく外壁塗装用の塗料を使う必要がありますので、外壁塗装の専門業者やリフォーム業者、地域の工務店などに塗料選びは任せてしまったほうがいいということも記憶しておいてください。

 

 

数年前に比べて外壁の変色が著しい場合には、早期に塗装の塗りなおしを行ってもらったほうがいいと言えるでしょう。

 

 

雨風や紫外線によるダメージが十分に吸収しきれないような状態に外壁が陥っている可能性が高く、早急な外壁の再塗装が必要な状態の目安となっているからです。

 

 

素人目では塗膜が劣化しているかはわかりづらいと言えますが、外壁の変色は素人目でもわかりやすいので基準のひとつだと認識しておくといいでしょう。

 

 

外壁の再塗装は基本的には住宅全体で行なわれますが、屋根の部分だけを以前リフォームしていて新しい状態にあるといった場合などには、屋根以外の部分の外壁の再塗装を依頼するようなことが可能となっています。

 

 

まだ壁塗装の塗りなおしが必要ではない箇所を、無理に有料で塗りなおすようなことは行なわずともいいのです。

 

 

どの箇所を再塗装するかは、下見に来た外壁塗装の専門業者やリフォーム業者、地域の工務店などと相談の上で決定するようにしてください。

 

 

外壁の変色と劣化を防げば住宅全体の強度が増しますので、大きな地震が来た際に住宅が倒壊するリスクが減ります。

 

 

単純に住宅の見た目を良くするだけでなく、住宅の安全性の向上にも外壁の再塗装は役立てられるということも覚えておくべきだと言えるのです。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。