チョーキング現象の原因って?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > チョーキング現象の原因って?

ブログ

チョーキング現象の原因って?

2016年7月5日

サイディングやモルタルの壁は塗装してからある程度の期間が経過するとチョーキング現象という劣化現象が見られます。

一般的には塗装後5年から10年でこの現象が見られるとされています。

 

 

これは外壁に塗料を塗った際にできる塗料の膜の内部にある顔料が粉となって外壁表面に浮き出すというものです。

 

 

一見しただけではわかりませんが、手で触ると粉が手に付着したり、乾燥している日には風によって飛ぶこともあります。

 

 

これは塗料が劣化しているから起きる現象であるため、5年から10年ほどで塗り替えする事が良いとされているのです。

 

 

しかし5年と10年では倍の差があります。

また5年未満でもチョーキング現象が見られる場合もあります。

 

 

チョーキング現象が比較的早く起こってしまう原因は何でしょうか。

気候や風土などの問題もないとは言えませんが、原因の多くが施工業者の施工不良とも言われています。

 

 

塗装工事は一般の人から見れば塗っているだけ、のように思えます。

本来は決まった手順があるのですが素人にはわかりませんから工程をいくつか抜いた工事をされても普通の塗装工事と見分けがつかないという問題があるのです。

 

 

塗装前の下地処理を行わない、下塗りをしないで本塗装を行う、などは珍しくないようです。

また、塗料を不適切に薄めて使用する、工期短縮の為に雨天時に塗装を行った、十分に乾燥させないうちに上塗りした、など素人ではわからないような施工不良が多いとされています。

 

 

仕上がりからでは判りにくいこうした施工不良は早期のチョーキング現象として姿を現します。

ここで、その施工をした塗装業者に相談したとしても、「そろそろ塗り替え時期だから」と言われて新たな塗装工事をすすめられて、再度施工不良な塗装をしてもらう事になるのは目に見えています。

 

 

こうした施工不良ではないかと思われるチョーキング現象があった場合は全く別な塗装業者に相談する事が最も効果的だと言えます。

 

 

専門の業者が状態を見れば、通常劣化によるチョーキング現象なのか、施工不良によるチョーキング現象なのか一目瞭然だからです。

 

 

下塗りが足りなかった、雨天時に塗装したなどは業者が見ればすぐにわかるのです。

場合によっては数社から相見積もりを取ると言う方法もあります。

 

 

チョーキング現象は施工不良でなくとも年月が経てば出てくるものですから、あらかじめ信用できる塗装業者を探しておくようにしましょう。

 

 

あまり安い金額にこだわらない事が大事です。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。