建材の特徴【スレート瓦】|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

建材の特徴【スレート瓦】

2015年12月1日

こんにちは。

足立区の地域密着型外壁・屋根塗装専門店の株式会社楽塗です。

本日は屋根建材の【スレート瓦】の特徴を紹介していきたいと思います。

スレート瓦とは主流の屋根建材の一つです。
特に首都圏ではスレート瓦のお宅が多いというデータがでています。
このブログをご覧になっている皆様も戸建にお住まいのお客様は、スレート瓦を使用されているお宅が多いのではないでしょうか?

【スレート瓦の特徴】
メーカーによって「コロニアル」や「カラーベスト」と呼び方が異なる建材です。
商品によって名前が異なるだけで特に大きな違いはありません。
85%のセメントと15%の石綿(アスベスト)や天然パルプ材などが混合して作られた厚さ4.5mmの薄い瓦が特徴です。
商品によって厚さは異なりますが、他の瓦より薄いものが多いです。
瓦よりも軽く、金属屋根材よりも安価で、色合いが豊富なのもスレート瓦の魅力としてあげられます。

【劣化の特徴】
スレート瓦は防水能力を表面の塗膜に依存している為、定期的な塗装による防水メンテナンスが必要です。
表面の塗膜が防水機能を失った状態で放置してしまうと基材がどんどん水を吸ってしまいます。
また、「踏み割れ」や「ヒビ・苔」等が発生すると雨漏り等で下地の板が痛み始めるケースがよくありますので定期的なメンテナンスを
おすすめいたします。

【メンテナンスの目安】
一般的なメンテナンスでは「5~7年」で表面の塗膜が劣化し、メンテナンスが必要になります。
定期的に点検を行い瓦表面の塗膜に、褪色・剥離や板金等の劣化・不具合が見られたらメンテナンスを行ってください。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?
皆様によりお役立ていただけるよう記事は随時改良していきます。
今回の記事を読んでいただくことにより皆様のお役に立てれば幸いです。
次回以降も建材の紹介を行ってまいますので是非見に来てください!


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。